国交省大臣あてに質問状提出!

進まない!当然なら昨年末に公表されるはずの新「マンション標準管理規約」。その改正検討委員会が正式に開かれず、休眠状態になっていますね!
そこで、岡管連も所属している全国マンション管理組合連合会は会長名で、太田昭宏国土交通大臣あてに質問状を提出した!
10月20~21日、全管連では、全国の代表者会議を東京で実施します。マンション学会も10月19日浦安市で開催されます。

                                                                                                                平成25年10月3日
 太田 昭宏 国土交通大臣殿
               非営利活動法人全国マンション管理組合連合会長  山本 育三
謹啓 時下、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。平素、マンション施策の向上にご尽力いただき、深く感謝申し上げます。
 私どもは、全国19地区のマンション管理組合団体、24万世帯で構成する団体で、27年前からマンションの維持管理、管理運営の向上に日夜活動しています。
さて、昨年1月に国交省が設置した「マンションの新たな管理ルールに関する検討会」のあり方について、管理組合団体として、疑問を感ずると同時に、質問状を提出させていただきます。
マンション標準管管理規約の改正を目途に、検討会は、第三者管理方式、マンションとコミュニティ形成、管理組合と暴力団等のトラブルなどについて、9回にわたる論議を経て、昨年8月29日以来、1年2カ月以上、開かれていません。第9回の検討会の議事録もなぜか公開されず、1年近くたった8月26日に漸く公開されました。各委員、専門委員、オブザーバーの発言に不都合があったのか、ある専門委員は、詳細に点検しましたが、発言内容に修正等は見られなかった、としています。それでは、なぜ、1年近くも公開されなかったのか、納得できません。なにがあったのでしょうか。

一方、9月5日付けのマンション管理新聞の記事によると、3,4名の一部委員が、昨年8月20日から今年8月28日まで、WG(ワ-キンググル-プ)の会合をほぼ毎月2回、計24回開いていた事実を報じています。検討会に出された論点の整理とされていますが、専門委員、オブザーバーには知らされず、非公開の会合のようです。会合は、裏会議の疑念があり、こうした一部委員による会議によって標準管理規約の改正案が作成されるとしたら、管理組合及びマンション住民は、その改正案を信じられるでしょうか。これまで定着してきた標準管理規約自体の信頼性が損なわれかねません。いずれパブリックコメントに付されるとしても、まともに意見等を出せる心境ではありません。
とりわけ、一部委員の唱えるマンション標準管理規約から、コミュニティ形成に関する条項を削除すべきという発言は、マンション管理運営の現状を認識しないものとして、管理組合団体、マンション管理に係わる人々に大きな反発と疑念を巻き起こしています。この件に関しては、10月19日に、日本マンション学会が主催、全国マンション管理組合連合会、日本マンション管理士会連合会、マンション管理業協会の3団体が共催して、浦安市の明海大学で、マンションのコミュニティについて考えるシンポジウムを開くことになっています。そこでは、改めてマンションにとって、コミュニティが欠かせないものでることを論議し、各団体による共同提言を予定しています。

過去、何回かの標準管理規約の改正のたびに、総会を開き、4分の3の特別決議で規約を改正してきた管理組合にとって、今回の経過ほど、異常で悲しい状況を知りません。マンション施策を主導してきた国交省の信頼を失墜させるものといえましょう。

以下に質問させていただきます。10月18日までにご回答をいただきたく存じます

1、検討会の再開予定は、いつですか。また、中断した理由はなんですか。
 2、一部委員によるWGの論点とは何ですか。
 3、WGの会合の議事録を公開する予定はありますか。
 4.マンション管理組合等の信頼を失った今回の検討会は、直ちに解散して、改正案作成を見送るか、改めて検討会を仕切り直すべきと考えますが、いかがですか。    謹白

2013年10月07日 | カテゴリー 岡管連について