国の検討委員会への反対

ソフトちゃん:「大臣などに、どうして直接に話に行けるの?」ハードくん:「それはどういう意味なの? 大臣に会うためには、各地にそれぞれマンション問題に理解を示し専門の国会議員の先生がいて、その先生の紹介で行くんですよ!」全管連に参加する管理組合団体、標準管理規約のコミュニティ条項削除に反対表明 国交省が昨年1月から設置した「マンションの新たな管理ルールに関する検討会」が、標準管理規約からコミュニティ条項を削除する検討を進めていますが、全管連に参加する日本住宅管理組合協議会、京滋マンション管理対策協議会、かながわマンション管理組合ネットワークの3団体が、それぞれ削除に反対する声明を公表しました。岡山県マンション管理組合連合会は、常にコミュニティづくりが必要なことを訴えつづけてきたところであります。当然、岡管連としても反対表明をしました。国の検討会の検討の方向が、管理組合の目的は、財産管理に限定すべきであり、コミュニティ活動は自治会などに任せる、としたことに対して、反対を表明しているものです。☆ ひとつでも多くのマンションが加盟し、自分たちのマンションの悩みを解決し、国や自治体へ働きかける力を結集しよう! 岡管連は岡山県内のマンション管理組合の連合会です。…

2013年4月15日 | カテゴリー 岡管連について