震災マンション法の改正 国会へ

大規模な地震がいつきてもおかしくない状況にありますね?そうなんだよ!国では関連法案の改正を視野に入れて、法制審議会を設けて審議してきたんだよ

震災マンション法の改正 4月8日閣議決定! 今国会で成立か? 南海・東南海、東海地震が同時発生、M9級の地震となれば、津波等で32万人余の犠牲が出ると政府が予測しています。
一方、首都直下型地震は4年以内に70%の確率で発生すると予測されるなど、大地震の切迫が懸念されています。そうした大規模な被災予測に対応して法務省は、区分所有建物の再建等に関する特別措置法、罹災都市借地借家臨時処理法の改正について、法制審議会に部会を設け、見直し作業を行いました。

部会(会長・山田誠一神戸大学教授)では、昨年9月からことし1月まで、9回にわたって審議が行われました。2月に、両法の要綱案が作成され、今国会に改正案が上程されました。4月8日には、閣議決定され、今国会での成立を目指しています。…

2013年4月26日 | カテゴリー 大規模修繕