新たな住生活基本計画について/マン菅通信2021・6

1 「社会環境の変化」の視点

  【目標1】

   「新たな日常」やDXの進展等に対応した新しい住まい方の実現

  【目標2】

   頻発・激甚化する災害新ステージにおける安全な住宅・住宅地の形成と被災者の住まいの確保

2 「居住者・コミュニティ」の視点

  【目標3】

   子どもを産み育てやすい住まいの実現

  【目標4】

   多様な世代が支え合い、高齢者等が健康で安心して暮らせるコミュニティの形成とまちづくり

  【目標5】

   住宅確保要配慮者が安心して暮らせるセーフティーネット機能の整備

3 「住宅ストック・産業」の視点

  【目標6】

   脱炭素社会に向けた住宅環境システムの構築と良質な住宅ストックの形成

  【目標7】

   空き家の状況に応じた適正な管理・除却・利活用の一体的推進

  【目標8】

   居住者の利便性や豊かさを向上させる住生活産業の発展

国土交通省住宅局住宅政策課

2021年7月05日 | カテゴリー 行政情報