マンションドクターニュース:No.100より

 この度、NPO法人集合住宅維持管理機構が発行している『マンションドクターニュース』の創刊100号記念(2014・4)に寄せて、当該機構の主任専門委員である堤 金次氏が投稿していました。その一部を、ここに紹介いたします。

【最近思うこと】

 最近2件の孤独死に遭遇しました。孤独死は、コミュニティから疎外されたか、近隣交際を敬遠するのが日常になっている最近の風潮が生み出しているのではないかと思います。

 孤独死が発見されるのは、共用廊下等に異臭が発生してからであるようです。新聞等で話題になるのは、公共賃貸住宅の場合であって、分譲共同住宅での事例は全く無いようですが、内実は結構あるように思われます。

 孤独死があった住居の所有権は相続される事例は全くありえず、疎遠になっている遺族は売りに出すのがその殆どであろうと思われます。

 悲劇は、孤独死があった住戸の下階に、腐乱体液が流下してきて発覚した場合です。先日まで時々挨拶していた人が孤独死した後も下階に住み続けるのは、通常の神経の人には出来るものではなく、その場合、市場価格より大幅に値引きして売りに出さざるを得ません。事情を隠して売買した場合、後日、事情が発覚し、買い戻しを請求されることが予想されます。

 昨年10月の朝日新聞の記事で、分譲貸しの住戸で自殺があって、競売で入手した新所有者はその事情を隠して賃貸に出したのですが、事情を知った賃借入居者から、告知義務違反で提訴され、判決は原告の主張どおり慰謝料と賃借料の返還(104万円)を認めたというものでした(控訴の有無の事情は不明)。

 管理組合は財産管理の組織であり、コミュニティの問題は自治会の守備範囲と言われてきましたが、今後はコミュニティの問題も取り組む必要があるのではないかと痛感させられた事例でした。

 

【感 想】

 国土交通省から公表された『平成25年度マンション総合調査』からわかるように、マンションの世帯主の年齢では、60歳代以上の割合が5割を超していて、なおかつ永住意識も5割を超しています。

 そのような状況において遅かれ早かれ、『マンションの孤独死の問題』は、いずれ表面化してくるでしょう。マンションでの生活人口は日本の人口の約12%で、8人に1人はマンション住まいです。現在、マンション住民は約1,500万人ですが、今後、さらに増えることが予想されています。

 『マンションは一戸建てとは違う』という認識が非常に薄いのが実態であります。建物、設備、敷地等は、区分所有者全員の財産であり、かつ、それらを継続的に維持していかなけばなりません。また、法律上もそのようになっています。

 ところで、マンションもその居住者も高齢化の状況(二つの老い)が続いていきますと、将来的には、次のような問題が起きてきます。これらは、マンション全体、又は管理組合にとって、危機的な事態に陥っていく恐れがあります。

・高齢者夫婦、一人住まいの方:健康、福祉、医療など外部からの支援が必要

・役員のなり手の問題:管理組合運営上の支障

管理費等の滞納問題:年金生活、維持管理負担の値上げ

・区分所有権移転の問題:相続、売買、競売等が生じた場合

            管理費等の請求はどこに?

・住民の無関心:総会に出席しない、表札がない、階が違えば分らない

など、社会から見ると、マンションは閉鎖的な面があり、行政等も把握できていない。その中で、『孤独死・孤立死』が起きている。

 

2014年6月09日 | カテゴリー 二つの老い