マナーをめぐるトラブルの内容(総合調査から)

 平成25年度マンション総合調査から、居住者間のマナーをめぐるトラブルは、いずれのトラブルもほぼ減少傾向となっている。

 平成25年度では、違法駐車・違法駐輪が40.1%と最も多く、次いで生活音が34.3%、ペット飼育が22.7%となっている。

 なお、マナーをめぐるトラブルの主な内容は、以下のとおりです。

              平成25年度   平成20年度

・違法駐車・違法駐輪     40.1%   52.7%   

・ペット飼育         22.7%   34.8%   

・生活音           34.3%   37.1%   

・バルコニーの使用方法    13.1%   15.2%   

・専有部分のリフォーム     5.9%    5.4%   

・共用部分への私物の放置   18.4%   18.7%   

2014年6月07日 | カテゴリー マンション総合調査