大規模災害への対応状況(総合調査から)

 この度公表されたマンション総合調査から、平成20年度と平成25年度の大規模災害への対応を比較すると、いずれの対応も増加している。平成25年度で『特に何もしていない』と回答した管理組合は29.2%であり、平成20年度よりも10%近く減少している。

                      平成25年度  平成20年度

・災害時の対応マニュアルを作成している   18.6%   11.8%   

・定期的に防災訓練を実施している      37.7%   33.3%   

・防災用品を準備している          26.9%   17.2%   

・非常食を準備している            8.8%    5.0%   

・災害時の避難場所を周知している      25.1%   22.9%   

・自主防災組織を組織している        19.0%

・ハザードマップ等、防災・災害対応策に

 関する情報を収集・周知している      13.7%    7.8%   

・高齢者等が入居する住戸を記した

 防災用名簿を作成している          8.3%    5.4%   

・特に何もしていない            29.2%   38.9%   

2014年5月21日 | カテゴリー マンション総合調査