市民と市役所がツナガル通信/Vol.6(15・11・27)

【協働のススメ~岡山市職員インタビュー~】

―マンションアドバイザー派遣事業―

協働相手に求める役割や期待することは?

 マンション管理上の諸問題について、住宅課窓口への相談件数は非常に少ないものの、早くからマンションの建設が盛んであった大都市においては、すでにいろいろな問題が発生しており、本市においても顕在化していない課題は必ずあると考えています。

 マンション管理において専門的知識を持ち、マンション管理組合とも連携を図っている岡山県マンション管理組合連合会(岡管連)がアドバイザー派遣事業を実施されることにより、課題の掘り起こしとトラブルの未然防止につながることを期待しています。

協働を通じてどんな効果が生まれていますか?

 まだまだ大きな効果は表れていませんが、マンションの適正管理に関する問題は岡山市においても、今後必ず大きな社会問題となってくることが予想されます。

 このため岡管連との協働を継続していくことが非常に重要であると考えており、今回の事業がその端緒になることを期待しています。

よりよい協働に向けて展望を教えてください

 マンションに関する諸問題への対策は、まだまだ取組みの余地が残っていると考えており、今回の協働事業に止まらずいろいろな政策についてお互いにアイデアを出し合いながら取り組んでいき、協働を進化させていきたいと思います。

                                     岡山市住宅課 岡村 誠様

2016年2月25日 | カテゴリー 専門家アドバイザー派遣