大規模修繕工事のパートナー選び(1)/マン管通信2017・6

マンション大規模修繕は段階を踏んで進める

(大規模修繕の進め方の例)

1年目大規模修繕のきっかけ

     理事会で検討を始め、情報を収集する。

     理事会で方針を決め、できれば管理組合として大規模修繕の検討を始めることを、

     総会で承認を得ておく。

2年目大規模修繕の準備

     管理組合の体制を作る。パートナーを見つける。

     総会で、パートナーへの依頼内容、費用、期間などを決議する。

3年目建物調査診断、設計、施工会社選定

     パートナーに業務を依頼し、アドバイスを受けながら、大規模修繕の内容を検討し、

     施工会社を選定する。

     総会で、設計内容、施工会社、工事金額、工期など決議する。

4年目工事

     工事が設計通り進んでいることを確認する。

2017年7月01日 | カテゴリー 大規模修繕, 岡管連について