共同を学ぶ

ソフトちゃん:「マンションで共同管理ってどんなことをするの?」ハードくん:「ちょっと講釈めいてくるけど、共同管理の理念~主体的に参加し、話し合い、共同で管理運営すること~を組合員多数に理解してもらい、行動してもらうことが大事です。」 「その際マンション所有者の基礎的権利である“区分所有権”と“共有部分は区分所有者の共同財産”ということを理解することが大切です。」ソフトちゃん:「そうですね。東日本大震災で、マンションに住んでいた人は、遠くの親戚より近くの隣人が大変役立ったと言われていますよね。」ハードくん:「自分たちの生命財産を守るためにも、マンション内の身近な隣人、地域コミュニティの協力が必要です。このようにマンションに住むからには、隣は何をする人ぞというのでなくて、平生から、情を交わしている必要があるのではないでしょうか? そのためにはどうやって暮らすのがいいか考えてみよう!」☆ひとつでも多くのマンションが加盟し、自分たちのマンションの悩みを解決し、国や自治体へ働きかける力を結集しよう! 岡管連は岡山県内のマンション管理組合の連合会です。…

2013年4月12日 | カテゴリー 岡管連について