太陽光、高値買い取り/朝日新聞朝刊1・28

【新電力、大手より1円超上乗せ】

家庭や企業の太陽光発電の電気を、大手電力会社より高く買います。

そんな「プレミアム(高値)買い取り」サービスを、新たに電力事業に参入した新電力が手がけている。

安さを求めて電気を買う先を選ぶ企業が増えているが、電気の売り先を選ぶ動きも広がりそうだ。

【「量」確保ねらう】

通信や住宅を本業とする新電力が高値で買い取るのは、本業との相乗効果をねらうとともに、売るための電気をより多く買い集めたいからだ。

大手電力の相次ぐ値上げで、新電力への引き合いは増えたが、発電能力が足りないためだ。

足りない発電能力を補うため、全国に点在する太陽光発電の電気を集めようとしている。

【太陽光発電の高値買い取りをしている主な企業】

・NTTスマイルエナジー(NTTグループ)

・SBパワー(ソフトバンクグループ)

・ミサワホーム

(岡管連から)

マンションの管理組合としても、太陽光発電による売電先の選択肢が増えてくるのではないかと思われます。

2015年2月25日 | カテゴリー 電力使用方法の進化