大阪北部地震の報告から

関西地区のマンション連合会の会員から、6月18日に大阪北部で起きた地震について以下の通り、ご報告(抜粋修正)がありました。

 

・今朝は朝食後すぐに激しい揺れに見舞われ、私が住む8階は大揺れでした。

・簡易な組み立てフレームのラックが転倒して、部屋内に飛散しました。

・大きな家具類は転倒防止のための「くさび」を挟んでいたため、全く動きませんでした。

・室内の片付けは後回しにして、8階の全戸の安否確認に回りました。

・エレベータは地震の揺れを感知して停止状態になり、メンテ業者に出動依頼するよう管理事務所から電話

 してもらいましたが、おそらく依頼が殺到しているため、電話も不通状態でした。明日の午前中には来て

 くれることになりました。

・電気設備、給排水設備には異常はなしです。

・とりあえずの確認を済ませて、集会所に自主防災会の事務局メンバーが集まり、全体の安否確認状況を

 集計し、確認しましたが、若干名の小さい怪我があった他には問題なしでした。

・その後の報道で、高槻側や大阪市内でも被害があったことを知りました。

・他の連合会会員からの被害については特に聞いてはいません。

 

岡管連から

災害の少ない岡山の分譲マンションにおいても

耐震診断』、『耐震補強』が求められてくるのではないでしょうか。

下の画像は、今回の報告とは関連ありません。

 

2018年6月23日 | カテゴリー その他