相模原市のマンション施策について(1)/マン管通信2015・8

【はじめに】

 相模原市は、都市方面へのアクセスが充実したことで周辺市街地に大規模な分譲マンションの建設が次々と

進められ、現在では住宅の総数約30万戸のうち、分譲マンションの割合が約2割を占め、本市の主要な居住

形態となっています。

 一方で、建設から30年が経過し、大規模修繕や改修工事を必要とする分譲マンションが約1万1千戸あ

り、維持管理に対する支援の拡充や、昭和56年5月31日以前に建築された、旧耐震基準の分譲マンション

の耐震改修や建替えの促進が課題となっています。

 こうした現状から、本市では平成22年3月に「相模原市住宅基本計画」を策定し、分譲マンションに対す

る相談体制や学習会の充実、長寿命化・建替えの促進に取り組んでいるところです。

 良好な居住環境の確保は市民の生活の安定と向上に不可欠な要素であり、管理運営や修繕、建替え等の様々

な問題に対し、分譲マンション管理組合等が自主的に解決を図るための支援策が今後さらに求められます。

【相模原市のマンション施策】

1 分譲マンション無料相談窓口

  分譲マンションにお住まいの方や管理組合の役員の方々を対象に、マンション管理士による無料相談窓口

 を設けております。

  管理組合の設立や運営方法、建物、設備の維持管理、大規模修繕等に関して困ったこと、疑問に感じてい

 ることについて、面談によりご相談をお受けし、関係法令やマンション標準管理規約等を参考にアドバイス

 を行っています。

  予約制となっており、月1回第1月曜日に開催しています。

2 分譲マンションアドバイザー派遣制度

  分譲マンションの管理組合等の自主的な取組みを支援するため、管理組合の設立、運営、管理規約の見直

 し、大規模修繕や建替え等の分譲マンションに関する詳細な相談について、マンション管理士が現地に赴い

 てアドバイスする制度です。

  管理組合等の求めに応じて随時開催しています。

  アドバイザー派遣は、初回無料で行っています。

                                相模原市都市建設局まちづくり計画部

                                      建築指導課長 武田 弘

(岡管連から)

 アドバイザー派遣支援に関しては、本年度、岡山市住宅課と岡管連とが『市民協働推進モデル事業

として、相模原市とほぼ同様な派遣制度を実施しています。

 詳しいことをお聞きになりたい方は、岡管連までお電話でお問い合わせください。

2015年8月25日 | カテゴリー 行政情報