ネットを活用したマンション管理について(2)/マン菅通信2018・6

「マンションみらいネット」が目指すもの

「マンションみらいネット」の仕組み

 「マンションみらいネット」とは

①マンションの適切な維持管理の促進

②中古マンション流通の活性化を目的として構築されたマンションの履歴情報システムで

公益財団法人マンション管理センター(「当センター」)が提供するものです。

 建物概要情報、管理組合の運営情報、修繕履歴情報等を管理組合が当センターに電子データとして登録し、インターネットを通じてこれらの情報を組合員が共有化することを可能とし、さらに、情報の一部をインターネットで公開することで、流通市場におけるマンションの適正評価の獲得を支援することを目的としています。

 また、管理情報、修繕履歴情報と共に、管理組合が保有する議事録や報告書等の文書類、設計図書や施工図書等の図面類を電子化した上で保管する機能を備えており、緊急時や大規模修繕時の効率的な工事の実施に役立てていただける仕組みとなっています。

 現在、管理情報の蓄積に特化したAコース(全項目登録型)と図書の電子化及び蓄積に重点をおいたBコース(図書電子蓄積型)を提供し、管理組合の利用目的に応じて選択できるようになっています。

2018年7月11日 | カテゴリー 管理組合運営