標準管理委託契約書の改訂(2)/マン管通信2018・5

改訂の内容

1 改正個人情報保護法に対応した見直し

  改正個人情報保護法により、平成29年5月から個人情報を取り扱う全ての事業者が個人情報保護法の

 適用対象となることに対応した変更を行いました。

2 反社会的勢力の排除条項に追加

  標準管理規約の改正(平成28年3月)で暴力団等の排除規定が新たに設けられたこと等を踏まえ、

 管理業者自身が反社会的勢力に該当しないことを確約し、その確約に反して、管理業者が反社会的勢力

 であること等が判明した場合には、管理組合は管理委託契約を解除することができる旨の規定を追加し

 ました。

3 理事会及び総会支援業務の記載の明確化

  理事会及び総会支援業務のうちの一部について、その支援業務の内容に関してトラブルを防止するため、

 記載を明確化するとともに具体の協力方法について管理組合及び管理業者が協議して決定するように修正

 しました。

4 その他、管理業務の実態等を踏まえた主な改訂項目

  ・管理対象部分の追加

  ・コミュニティ活動業務の支援内容の修正

  ・専有部分の設備の修繕等に対応する場合の考え方

  ・高齢者等への対応業務の考え方

2018年6月05日 | カテゴリー 管理基礎講座