マンションの民主主義(1)/朝日新聞朝刊15・12・10

「私権」への固執乗り越えよ

 マンションを選ぶとき、専有部分の部屋の間取りやデザインなどについ目を向けがちです。

 しかしマンションを買うことの本質は、管理組合に代表されるマンションの「コミュニティー」への参加を条件に、専有部分を自分が所有するということなのです。

 それが一戸建てとの大きな違いです。

 一般的にマンションでは、大規模修繕などの重要な意思決定について、管理組合が中心となって住民の合意形成を行い、最終的には総会で住民同士が話し合って多数決で決議します。

 管理会社は、あくまでも管理組合から委託を受けて業務を行う存在にすぎません。

 住民それぞれの価値観や考え方が微妙に食い違ったとしても、自我を抑え、理性的に話し合いを重ねて合意点を見出していくわけです。

 そのプロセスは、国や地方自治体における民主主義のあり方に似ています。

 いずれも話し合いを通してルールを定め、コミュニティーの維持を図っています。

                                 不動産コンサルタント 牧野 知弘