集中豪雨による機械式駐車場での災害

 機械式駐車場のピット式の場合、集中豪雨などの際に地下のピットへの浸水に注意しなければならない。

 自動車の浸水被害にあった事例は、枚挙にいとまがない。

 地下のピットに設置された排水ポンプの容量を超える雨水が流入すると、その駐車ピットは水で満たされてします。

 また、排水ポンプが正常に機能しなかった場合にも、同様の事態となる。

 管理組合としては、排水ポンプをきちんと点検しておくことも重要ですし、排水管、排水溝などについてもゴミ、枯れ葉などにより、雨水の流れが悪いかなど、確認しておくことも欠かせない。

 なお、集中豪雨の際の自動車浸水事故は通常、管理組合が加入しているマンション保険(施設賠償責任保険を含む。)では補償されないので、注意する必要がある。唯一有効なのは、自動車所有者が加入する車両保険です。

 機械式駐車場本体の通常保守は、機械式駐車設備メーカーや専門業者が行うが、排水ポンプの点検は、マンションの設備点検の範囲内で実施することとなる。