平成26年度の相談内容/マン管通信2015・6

 マンション管理センターでは、分譲マンションの管理組合の役員や組合員等の皆さまから、管理組合運営および建物設備管理等に関するさまざまな相談を電話およびメール等により受け付けています。

 ここでは、平成26年度(平成26年4月1日~平成27年3月31日)の相談件数および相談内容についてご紹介します。

【相談件数】

 平成26年度の相談件数は8,361件で、前年度比106.4%(510件増加)です。

 なお、平成26年度における相談者の属性をみると、管理組合関係者からの相談が最も多く、全体で6,500件、その内、組合員からの相談が2,148件、次いで、理事長1,536件、理事1,304件、専門委員435件、監事215件、占有者32件等となっています。その他、管理会社の担当者からの相談が417件、同じく管理員123件、マンション管理士からの相談が100件等となっています。

【相談内容別の件数】

 以下、平成26年度に受け付けた相談(8,361件)を内容別に分類・集計し、件数の多かった上位15位までをまとめたものです。

1 区分所有法・(標準)管理規約の解釈        901件(10.78%)

2 役員の資格、選任・解任、任期           338件( 4.04%)

3 理事長・理事会への不満              220件( 2.63%)

4 管理規約の作成・改正               206件( 2.46%)

5 管理会社の選定・変更(管理会社の紹介依頼等)   183件( 2.19%)

6 共用部分の使用、管理、変更(決議要件を除く)   165件( 1.97%)

7 管理組合の役割・業務               158件( 1.89%)

7 水漏れ事故(排水、給水管、外壁等)        158件( 1.89%)

9 管理員・フロントマンへの苦情・交代要求      156件( 1.87%)

10 総会の決議事項                 154件( 1.84%)

11 管理委託契約書の内容(標準管理委託契約書)   146件( 1.75%)

12 委任状・議決権行使書              140件( 1.67%)

13 議決権・決議要件                139件( 1.66%)

14 管理費等の滞納処理(遅延損害金、少額訴訟等)  130件( 1,55%)

15 理事会運営(招集、議長、決議要件、議事録等)  129件( 1.54%)

(岡管連から)

  平成27年度 岡山市市民協働推進モデル事業として岡管連が提案しました『マンションアドバイザー派遣事業』が採択されました。

 上記の相談事例からも見られますように、マンション管理組合(理事会等)への専門家派遣支援を行いたく、岡管連がこの7月から本格的に実施する予定であります。

 管理組合様におかれましては、この専門家派遣支援をご検討いただき、『マンション管理の身近な相談窓口』としてご利用いただければと思っています。

 なお近日中に、岡山市住宅課のホームページ及び岡管連のホームページに『マンションアドバイザー派遣事業』について、掲載される予定であります。

2015年6月29日 | カテゴリー 相談事例から