高齢者の移動手段の確保

【高齢者向け電動車いすの取扱について】

 

 ある管理組合の理事長さんからのご相談で、高齢者の方から足腰が弱ってきているので、移動用手段として高齢者向けの電動車いす(4輪:「セニアカー」などと呼ばれるもので、免許不要)を使いたいという話でした。管理組合としても高齢者の方の移動不便に配慮し、駐車設置の方向で検討していますが、設置方法、場所の認定、その他そのプロセス等のアドバイス等を伺いたいと。

 このように『高齢者向けの電動車いす』は、マンションの経年とともに生じてくる『二つの老い』のうち高齢者にとって、『乗用車から電動車いすへ』と、マンション生活を支えるうえで重要な移動手段となりつつあり、管理組合としても、今後検討していくことが増えてくると思われます。

 

管理組合の取り組み】

 

 そこで岡管連からは、高齢者への配慮として、管理組合へ以下の取り組みをアドバイスしました。

1 高齢者への移動手段への配慮

 ・できれば電動車いすとエレベーターとの移動距離を短く。

 ・置場までの手すりの設置。

2 自転車置場の整理

 ・電動車いすの置場確保。

3 空き駐車場対策として

 ・不要になった駐車場がある場合、電動車いす専用に。

4 電源の確保

 ・電動式のため、充電が必要。

5 電動車いすのシェア

 ・利用者が多い場合、スペース等の問題から

  電動車いすを管理組合所有とし、居住者でシェア。

6 維持管理・費用負担の検討

 ・自転車利用規定を参考に。

7 管理規約・利用細則の制定

 ・利用する場合の契約等の規定等。

2014年10月27日 | カテゴリー 相談事例から