マンション傾斜 全棟建て替えへ/山陽新聞朝刊2・28

【横浜、所有者総会承認】

 横浜市都筑区のマンション傾斜問題で、区分所有者の総会が27日、同区で開かれ、傾いている1棟だけでなく全4棟を建て替える方向で取り組む管理組合の方針が賛成多数で承認された。

 今後は住民説明会で事業計画などをあらためて周知し、9月末までに総会を開き、建替えの是非を最終的に決議する。

 昨年10月に横浜市がくい打ちデータ改ざん問題を公表し、全国的に広がるきっかけとなったマンションは、傾きが公になって約4カ月で、建て替えに向けて動き出した。

 全棟建て替えが正式に決まれば、管理組合は2020年の再入居を目指す。

(岡管連から)

【マンション住民にとって、建替え完了までの長い道のり】

                  ・建替組合の設立

                  ・反対者に対する買取請求

                  ・仮住まい先を探す

                  ・学校等の転校手続き

                  ・引越し作業・手続き

                  ・約2年後の引越し作業・手続き

                  ・人間関係の希薄化の進展    など

2016年3月01日 | カテゴリー 建替え