東洋ゴム免震性能不足 岡山でも(4・22)

【東洋ゴム免震性能不足 新たに90棟/山陽新聞朝刊】

―チェックの甘さ露呈―

 国の性能基準に満たない東洋ゴム工業の免震装置が、新たに25都道府県のマンションや病院、学校など90棟で使用されていたことが21日分かった。

 3月に55棟で性能不足が見つかった時点では問題拡大の可能性を否定していただけに、同社のチェック体制の甘さが露呈した形だ。

 国土交通省は既に原因究明と再発防止策の検討を始めており、免震ゴムの認定制度の信頼維持に向け、検査体制の強化を進める。

 新たに発表した90棟の所在地は、愛知の13棟が最多で、次いで静岡の12棟、東京の11棟など。岡山は1棟、香川2棟。

【免震不足 新たに90棟/朝日新聞朝刊】

―東洋ゴム 国へのデータ偽装か―

 免震ゴムの性能偽装問題で、東洋ゴム工業は21日、3月13日に公表した55棟以外にも、マンションなど99棟で、国土交通省から認定を受けた基準を満たしていないか、満たしているかを確認できない製品が使われていたと発表した。

 また、認定を求めた申請17件の一部に、データを偽装した疑いがあることを明らかにした。

【東洋ゴム免震不正/毎日新聞WEB4・21】

―新たに90棟判明 不明製品使用も9棟―

 今回新たに判明したのは、マンション52棟、病院9棟、ホテル5棟、学校5棟、庁舎4棟など。

 同社はこの99棟の安全性調査を速やかに実施し、性能不足の製品はすべて取り換える方針。

(岡管連から)

 岡山でも、免震ゴムが基準に適合していない建物があることには驚きました。

 基準に適合した免震ゴムに取り換えるにしても、今の状況では、すぐには対応できないでしょう。今後、1年以上かけて行われるものと思われます。