日本マンション学会広島大会・市民シンポジウム

【『限界マンション』にならないために】

1 法的な問題

  ・区分所有者が行方不明・相続人が分からない

  ・巨額の滞納金などへの対応

2 管理の問題

  ・役員の成り手がいない

  ・管理組合の運営に関わる諸問題

3 建築の問題

  ・大規模修繕工事・耐震補強

  ・共用部分・専有部分のバリアフリー化

4 設備の問題

  ・給排水管の更生・更新

  ・電気設備・エレベーターの更新

 高経年(築30年以上)マンションでは、建物・設備の老朽化・陳腐化、区分所有者・入居者の高齢化も進行し、空き室・貸室も増大する傾向です。

 適切な処置をせず、放置しておくと管理不全の『限界マンション』に陥ることが報告されていて、この対処方策を弁護士、マンション管理士、1級建築士等が専門的立場から提言します。

日 時:4月24日(金)18時~20時

場 所:広島市まちづくり市民交流プラザ

参加費:無料(予約不要)

主 催:日本マンション学会広島大会実行委員会

後 援:(予定)国土交通省中国地方整備局 広島県 広島市

     NPO法人 広島県マンション管理組合連合会 など

(岡管連から)

 下線部分は、時の経過によりマンションに現れてきます。

 これらを岡管連では、『マンションの5大化現象』と呼んでいます。

 ① 高齢化

 ② 経年劣化

 ③ 老朽(陳腐)化

 ④ 賃貸化

 ⑤ 希薄化

 特に、①+②=『2つの老い』と呼んでいます。

2015年4月19日 | カテゴリー 二つの老い