子どもの転落事故が多発!対策は?(4)/セコムより

【繰り返されるマンションでの子どもの転落事故】

4 小学生の転落事故を防ぐポイント

  体が活発に動くようになる小学生は、「落ちたら危ない」とわかっていても、突発的に危険な行動を

 とってしまうことがあります。

  よじ登る足場がなくても高いところにあがることができますし、鍵がかけてあっても、自分で開ける

 ことができるので、安心できません。

  わが子の性格や行動を見極めてうえで、転落防止策を施すことが必要です。

  〈小学生の転落事故防止のために保護者がおこなうべきこと〉

  ・子どもが開けられない補助鍵を設置する。

  ・ベランダには出させない。

  ・危ない場所で遊んでいたり、下をのぞき込んだりしていたら、すぐに注意する。

  ・子どもの転落事故のニュースをテーマに放しあう。

  やってはいけないことを繰り返し伝えること、子ども自身に考えさせることが大事です。

  子どもは、常識や自制心より好奇心が勝ってしまうことが多いもの。

  事故が起きそうな場所で遊んでいたら、一声かけて移動させるなど、子どもの行動を予見して見守り

 ましょう。

(岡管連から)

 最近のマンションは高層化していますが、マンションでの子どもの転落事故防止について、国などで議論等をあまりされてはいません。

 ところが、機械式駐車場での子どもの事故防止については、国土交通省がその対策に乗り出し、機械式駐車場のメーカーを指導したり、管理組合等に対しその危険性について、周知を図っているところです。

 両者の事故の件数及び死亡者数を比較しても、マンションでの子どもの転落事故が多いのも事実です。

2016年9月29日 | カテゴリー 事故防止