子どもの転落事故が多発!対策は?(3)/セコムより

【繰り返されるマンションでの子どもの転落事故】

3 幼児の転落事故を防ぐポイント

  さらに転落事故は、年齢層ごとに特徴があることにお気付きでしょうか?

  幼児期は、気になったことに対して、あれこれ考える前に体が動いてしまう時期。

  純粋な好奇心から目についたものを足場にして、結果的に転落事故が発生しているようです。

  幼児期は、事故の危険性を理解できていないので、リスクを事前に排除しておくことが最大の事故防止策

 になります。

  〈幼児の転落事故防止のために保護者がおこなうべきこと〉

  ・ひとりにしない。

  ・別室にいるときは頻繁に声をかける。

  ・目が届かないときは必ず窓に施錠する。

  ・窓下やベランダに足場になるものを置かない。

  ベランダを遊び場にしないほうがいいでしょう。

  「入ってはいけない場所」と子どもに思わせることで、転落の危険を減らすことができます。

(岡管連から)

 この2年半の子どもの転落事故は10歳以下の子どもで、特に、5歳以下の子供が21人で、4分の3を占めています。

 また男女比率では、男児20人対女児8人で、男児が7割以上占めています。

2016年9月27日 | カテゴリー 事故防止