マンション14階から?4歳男児死亡 大阪/毎日新聞デジタル版(8・23)

【保育園児の転落事故】

 

 23日午後5時55分ごろ、大阪市天王寺区玉造元町のマンション(15階建て)1階で、住人で保育園児4歳が倒れているのが見つかり、間もなく死亡した。

 14階の自宅ベランダには柵の手前にゴミ箱(高さ30センチ)が逆さに置いてあった。

 大阪府警天王寺署は保育園児がベランダから誤って転落した可能性が高いとみている。

 天王寺署によると、保育園児は両親と3人暮らし。直前まで母親(37歳)と一緒に自宅にいた。仕事から帰った夫(55歳)を母親が玄関で迎えて居間に戻ると、保育園児がいなくなり、ベランダ側の窓が開いていた。

 

(補 足)

 マンションのベランダからの転落事故については、転落事故の状況及びその対策等を含め、9月3日から3回シリーズで掲載いたします。

2014年8月27日 | カテゴリー 事故防止